« 『たそがれ』/解説 | トップページ | 『たそがれ』/スタッフ・キャスト »

2007年12月12日 (水)

『たそがれ』/ストーリー

Tasogare02_2

左官職人の鮒吉は65歳になるが、病身の妻をよそにスナックのママとの情事に溺れ、スカート捲りまで楽しむという天真爛漫な男。ある日、鮒吉は同窓会に出席し、仲間の孝太郎や忠二と盛り上がった。彼らは中学校時代、深夜に石屋の家の裏庭に忍び込み、新婚夫婦のセックスを覗き見たことを回想した。そこへ和子が遅れて会場に現れた。鮒吉は当時彼女に思いを寄せていた。和子は夫と母を亡くしたという。鮒吉は和子に携帯電話の番号を渡して別れた。鮒吉が妻智子の見舞いに行くと、智子は鮒吉にこっそり頼み事をした。鮒吉は頼まれたとおり、彼女の股間を優しく愛撫してやった。それから間もなく、智子は息を引き取った。孝太郎と忠二は鮒吉を元気づけるために彼をストリップへ連れ出し、酒を飲み交わした。翌日、突然和子から電話が来る。和子は鮒吉と会うとかつての思いを告白した…。

|

« 『たそがれ』/解説 | トップページ | 『たそがれ』/スタッフ・キャスト »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150443/17350729

この記事へのトラックバック一覧です: 『たそがれ』/ストーリー:

« 『たそがれ』/解説 | トップページ | 『たそがれ』/スタッフ・キャスト »