« 42歳 | トップページ | 大西組 »

2007年10月 8日 (月)

ボーイ・ミーツ・プサン

下北沢マックでコーヒー。アクターズけいこ。シナリオと芝居の違いを実感。試行錯誤が必要。
新宿「C&C」でポークカレー食う。中野坂上ジョナサン、平田オリザの「演劇入門」読む。
渋谷シネラセット、「ボーイ・ミーツ・プサン」武正晴監督、観る。釜山に旅行した気になった。
「山家」武監督らと飲み。朝まで。

平田オリザのプロットの作り方が独特だ。まず「場所」を決め、「背景」を決め「問題」を決め「登場人物」を決めたら、人物の出入りだけで構成を作るのだ。「プロットを作る時には、まず最初に誰がその場にいれば面白いかを考える。次に誰が入ってくれば楽しいか、あるいは誰がその場にいると都合が悪いか。それらの点だけを考えて、人の出入りの順番を決めていく」

|

« 42歳 | トップページ | 大西組 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150443/16701166

この記事へのトラックバック一覧です: ボーイ・ミーツ・プサン:

« 42歳 | トップページ | 大西組 »