« 幸福な食卓 | トップページ | ニール・ヤング »

2007年1月31日 (水)

チャイニーズ・ブッキーを殺した男

トーストと手羽先のスープ、昨日の残り食う。
ビデオで「チャイニーズ・ブッキーを殺した男」ジョン・カサヴェテス監督、見る。金貸しの連中が怖すぎる。説明省いて、描写で見せるのがいい。ハードボイルドな映画でした。
ジョナサン、森鴎外の「ヰタ・セクスアリス」読む。石川淳の解説にしびれる。
キノコと豚肉と油揚げ入りのうどん食う。だしが効いてる。うまい。
再ジョナサン、森鴎外続き読む。
酒飲んで寝る。

カラオケ行って、ジャングルファイヤーをやった。ちん毛に火をつけるだけの簡素な芸だが、うけた。あとの臭いがひどい。人が焼けるときの臭いだ。大顰蹙だった。やるときは換気に気を付けよう。

|

« 幸福な食卓 | トップページ | ニール・ヤング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150443/13728723

この記事へのトラックバック一覧です: チャイニーズ・ブッキーを殺した男:

« 幸福な食卓 | トップページ | ニール・ヤング »