« 2006年12月3日 - 2006年12月9日 | トップページ | 2006年12月17日 - 2006年12月23日 »

2006年12月10日 - 2006年12月16日

2006年12月16日 (土)

『おじさん天国』トークショー1

ゲスト:いまおかしんじ(『おじさん天国』監督)×守屋文雄(脚本家)×松江哲明(映画監督)

Ojisan061215『おじさん天国』公開からはや一週間、初めてむかえる週末にトークショーの第一弾が行われました。ゲストは本作の脚本家・守屋文雄さんと、『かえるのうた』(05)につづき『おじさん天国』の予告編(4バージョン)を作ってくれた映画監督の松江哲明さん、そしていまおか監督の3人。普段から親交の深いいまおか監督と松江監督が、俳優としても密かに注目を集める(?)守屋さんのシナリオ作りの謎に切り込みました。

—松江監督は『おじさん天国』を初めて観たときの印象はいかがでしたか?

松江:僕は全部で三回観てるんですけど、一回目は「二回目に観ると多分もっと面白いよね」という話をしたのを覚えてます。でも実際は二回目はもっとわからなくなった。三回目になると「この映画、さっぱりわからんな」と(笑)。ただ、すごく面白いっていうことは観れば観るほどわかる……それこそゲソみたいに、噛めば噛むほど味が出るような作品だと思います。でもなんで『おじさん天国』なんですか?

—実はタイトルの生みの親は守屋さんなんですよね。

守屋:ああ、やっぱ気になるんですかねえ。

松江:天国がないじゃないですか、地獄は出てくるけど。

守屋:ああ、そうですねえ。最初はおじさんが出てくるから『おじさん』というタイトルをつけてたんですけど、次に地獄が出てくるから『おじさんと地獄』になって、でも書いてるうちにだんだん楽しくなってきて「あ、これ地獄じゃないな!」と思った瞬間がありまして、最終的には天国になりました。

—おじさんが逃げている相手も最初は「夢」ではなく「女の人」という設定だったんですよね?

いまおか:ああ、最初はね。

守屋:おじさんが中国で子供を作って、その母親が「責任とりなさいよ!」と追いかけて来る設定で書いてたんですけど、実在するものより「夢」というわけのわからないものを怖がっているほうが面白いんじゃないかと思いまして、がらっと変わりました。

松江:夢や幻想というモチーフは過去のいまおか作品から続いているテーマですけど、今回守屋さんが脚本家として加わるにあたってそういうことは意識してたんですか? それとももともと守屋さんの中にあったものですか?

守屋:えー、ちょっとわかんないですね。ただ、第一稿をいまおかさんに見せたら「何か違う」というので直していくうちにそうなってしまったという感じですね。

松江:そもそもなぜ守屋さんに脚本を頼んだんですか?

いまおか:一緒にやってみたいシナリオライターの人はたくさんいるんですけど、頼むタイミングってあると思うんですよ。やりたいだけではなかなか頼めないというか、、本当に書いてもらうとなると2、3ヶ月〜半年は拘束しちゃうわけですし、実際に撮る気がないとお願いできなかったりする。その最初のひと言をどう言うかということですよね。今回はそれがたまたま酔っぱらってるときに横を見たら守屋がヒマそうにしてたんで、パッと頼んじゃったんですよ。頼んだ瞬間、撮らなきゃいけない気持ちになってきちゃったんですよね。

—最初は守屋さんも飲みの席で言われたので半信半疑だったとか?

守屋:まさか本当に電話がかかってくるとは思いませんでした。

—いまおか監督は守屋さんを「柔軟」と評していましたが、作り方としては守屋さんがいまおかさんのアイディアを受けて膨らませていった感じですか?

いまおか:そうそう。最初のプロットから二人で話し合ったことを元に守屋にシナリオを書いてきてもらって、それに対してああでもないこうでもないと言って、新しいアイディアが出てくるとまた電話して……ということを繰り返すんですけど、できあがってみるとそれがひとつも入ってない(笑)。「ひとつも入ってないね」と聞いてみたら「一回やってみたけど上手くいかなかった」と言われて。いつもは自分で脚本を書くのでそういうことをわからないままにやってきたんですけど、書かない立場としての考えとは別に、実際に書く人の手の運動というか躍動感というか—書き手の生理をくみながら作っていく監督としての作業を初めて実感した気がします。

松江:たとえば具体的に、やってみたけどうまくいかなかったシーンというのはどこですか?

いまおか:えーっとね、具体的なシーンはないんだけど、リカがおじさんと肉体関係をもったことがハルオにバレたあと、もっとドロドロの三角関係にならなきゃだめなんじゃないかということを二人で話しながらやってたんですよ。でもそれはやってみたけどうまくいかなかった、って言うんです。

守屋:いや、言い訳じゃないですけどほんとに書いたんですよ。書いたんですけど気持ち悪かったんでやめました。

松江:久米水産(劇中に出てくる企業)の社歌というのは守屋さんのアイディアですか?

いまおか:一番最初の、まだ紙きれ一枚に書いたような短いプロットしかなかった頃に守屋が「いまおかさん、社歌を歌うシーンを入れていいですか?」って聞くから、何の意味があるのかわかんないけど「いいよ」って言ってて。直しの段階でもずっとそのシーンだけは消えなかったの。途中では歌詞まで書いてあったんだよ。

松江:あ、あの歌詞は守屋さんが書いたんですか?

いまおか:いや、途中までは書いてあったんだけど長くなるだけだからなくなったね。

松江:ちなみにどんな歌詞だったんですか?

守屋:あのー、僕の小学校の校歌です。

いまおか:あ、そうなの? 「○○小学校」の部分を「久米水産」に変えただけだったの?

守屋:はい。

松江:いまおかさんの映画で劇中で歌ってるのは『かえるのうた』が初めてで、『おじさん天国』でもまた歌ってますよね。『かえるのうた』のときは『リンダ リンダ リンダ』(05)を観ていいと思ったと言ってましたけど、今回の歌の演出はまたちょっと違うと思うんですけど。

いまおか:ああ、そうね。歌があるとテンションが上がる気がするんですよ。観てて楽しいじゃないですか。マキノ雅弘が「映画の中に必ず祭りを入れる」と書いてたのを読んで、そういうのをたとえば歌みたいな形でどこかに入れられたらいいなというのを最近思ったんですよね。本当はシナリオ上でそういうシーンをちゃんと作らなきゃいけないんですけど、まあ、あんまり盛り上がらないホンだったんで。

松江:でも社歌を歌っているシーンで、ひとりひとりの顔がアップになるときにそれぞれの声が一人ずつかぶさるのはいいですよね。キャラがすごいわかりやすい。

—(笑)おじさんの名字にもなっている「高山」君という人も実在するんですよね。

守屋:高山君という友達がいたんで、その人から勝手に名前をとりました。

松江:どんな人なんですか?

守屋:ちょっと面白い顔の人なんですよ。

いまおか:今週の「ぴあ」の出口調査に出てるよね、顔写真が。

守屋:あ、そうなんですか?

いまおか:うん、100点入れてた! 俺も「あれ、この間挨拶した高山ってこの人かなあ?」と思ってびっくりしたけど。でも、松江君は普段アダルトビデオやドキュメンタリーを撮っていて、ピンクの世界ともわりと親しい関係にあるじゃないですか。あらためてピンク映画ってどう思ってますか?

松江:それを聞くんですか! 僕も今年、アダルトビデオとして作った『セキララ』という映画を劇場で上映したんですけど、やっぱりピンクだけで作った映画とかピンク映画館だけの見せ方だと限界があるというか、観るお客さんの層が決まっちゃってると思ってて。でもこういう一般の劇場でやると若い人や女性の方も来てくれるじゃないですか。そういう人が興味を持ってくれると作品自体の幅が広がると思うんですよね。僕の勝手な憶測ですけど、いまおかさんも『たまもの』(04)を一般劇場でかけて、そのときのお客さんの影響やリアクションが『かえるのうた』や『おじさん天国』にもあるのかなあという気がします。

—今回の上映も次回作につなげていきたいと思いますが、今後のご予定は?

いまおか:老人の恋愛モノと、ツチノコに復讐する話のふたつを考えていて、ひとつはいま守屋君とやろうとしてます。でも実はもう脚本の〆切は過ぎてるんですけど。

守屋:すいません!

いまおか:のうのうと現れてる。いつまでに書く?

守屋:今日は金曜日でしたっけ……月曜日までには。

いまおか:はい。

松江:僕は、来年の3月にやる「第2回ガンダーラ映画祭」のために『童貞。をプロデュース2』という作品を撮ります。前回は『おじさん天国』の同時上映(※月・水のみ)にもなっている『南の島にダイオウイカを釣りにいく』(いまおかしんじ監督)などと一緒に上映したんですけど、また人をいじめるドキュメンタリーを作ろうと思ってます。

最後には守屋さん、いまおか監督ほかキャストのサイン入りポスター抽選会も行われ、希望者は飛び入りでかけつけてくれた藍山みなみさんとのにわかジャンケン大会に。こっそり劇場にいらっしゃっていた吉岡睦雄さんも急遽ステージに上がり、嬉しいサプライズとなりました。見事ポスターを手に入れた方、おめでとうございました! 今日以降もまだまだイベントが控えていますのでぜひこの機会にご来場をお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トゥモローワールド

国映に行く。素材を返す。「天一」の天丼弁当食う。うまい。
銀座で「トゥモローワールド」アルフォンソ・キュアロン監督、観る。ピンポン玉の口キャッチボールの後のジュリアン・ムーアの死に愕然。感情移入する。正義に殉じて生きる。凄い映画だ。
家、海鮮鍋食う。冬は鍋。
ポレポレ東中野「おじさん天国」イベント、守屋文雄、松江哲明監督、ありがとうございました。
「呑兵衛」朝まで呑む。井土さんとふぞろい話盛り上がる。「野宿」スナックで飲んで帰る。

新藤兼人監督は、現場合宿主義らしい。私も合宿が好きだ。撮影の間は家に帰りたくない。「おじさん天国」も4日ほど合宿した。イカ臭いアパートに泊まって、コタツにあたりながら酒を飲んだ。映画にまみれてる感じが良い。

本日もイベントあります。上映後、柳下毅一郎さん、田野辺尚人さん(映画秘宝編集部)らとお話しします。皆さん、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

日曜日は終わらない

サンドイッチ食う。DVDで「日曜日は終わらない」高橋陽一郎監督、見る。隠された悪意の話。林由美香が出てくるとホッとする。不思議な情感が魅力。ロケ場所とキャストにこだわりあり。そう言えば「水の中の八月」も見てたことを思い出した。
納豆ソバ食って、ジョナサン行く。読書。
ポレポレ東中野「おじさん天国」顔を出す。だんだんつらくなってきた。すいません。皆さんありがとうございます。
「炎」直井くんらと軽く飲む。毎日飲むで。

場所なんかどうでもええわ、芝居やと思っているのだが、いざどこで撮るのかとなると、なかなか決めきれない。「おじさん天国」三崎でやろうと思ったのは、海沿いの水産工場をロケハンした時で、2階の窓から海が見えて、ガランと寂しくて、セックスしかやること無いとこだなと思ったからだ。商店街に一軒だけパチンコ屋があって、一人も客がいなかった。小便するために入ったら、やる気のなさそうな従業員と目があった。やることがないのはつらい。

本日イベントあります。脚本の守屋文雄と、松江哲明監督とトークです。
お願いだからみんな来てね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

入り口

雑炊食う。部屋を暗くしてオナニーする。中学生の頃の気持ちを思い出す。
「三文役者」新藤兼人監督、見る。荻野目慶子、キュートだ。ラスト近く、歳をとり、ずっと仕事が無く、ただ待ってるだけの殿山泰司に電話がかかってくる。仕事の電話だ。しかも3本もかかってくる。「今村監督や」「神山監督や」「堀川監督や」アホみたいなシーンに涙。
納豆そばを食う。一歩も家から出ていないのに気付く。
ジョナサン、「かめくん」読む。
東中野に行く。ミスドでカフェオレ飲む。めっちゃ好き。
「おじさん天国」顔を出す。向井くん、高橋さんありがとうございました。
「呑兵衛」で飲み。朝まで。

地獄の入り口には何があるのか。水木しげる曰く、島根と鳥取の県境の山中のどこかに穴があって、そこが地獄の入り口だという。穴には大きな石が置いてあって、地獄を閉じこめている。
もっと分かりやすい入り口はないのか。そうだ!入り口に死んだはずの人間がいればいいのではないか。で、松原さんが地獄の入り口に座ってることになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

おじさん

雨。朝からジョナサン。「麺通団」でねばたま食う。
大西のアパートでごろ寝する。再ジョナサン。待ち続ける。
「上州屋」で釣り具買う。
高円寺「円盤」ビト君、早健ライブ。聴いてる内に映画のアイデアが浮かぶ。ワクワクしてくる。
ポレポレ東中野「おじさん天国」終映間近に様子見。おじさんが多いのはなぜ。
「炭々亭」で飲み。北野勇作「かめくん」読んで寝る。

「おじさん天国」守屋がこだわったのが、久米水産の社員が社歌を歌うとこと、おじさん達が草野球するとこ。俺がこだわったのが、イカが釣れるとこと、地獄で佐藤宏がイカにかぶりつくとこ。

上映は続く。まだまだこれから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

「おじさん天国」最終日トークショー、変更のお知らせ。

絶賛上映中の「おじさん天国」レイトショー最終日・22日(金)のトークショーですが、予定していた俳優の下元史朗さんがお仕事の都合でご来場できなくなってしまいました。それに伴いまして、下記のように変更になります。

いまおかしんじ監督
冨永昌敬(「パビリオン山椒魚」監督)
平沢里菜子(女優)

ある種、ダイオウイカVSオオサンショウウオVS女優という謎の組み合わせでもあります。波乱必至の最終日にご期待ください。

改めまして、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電気

サンドイッチ食って、ジョナサン、行く。いつの間にドリンクバーの値段が上がってる。
座ってるだけ。「ジャンボ」でパチンコ、負ける。
家、水炊き食って、再ジョナサン。さらに座っているだけ。
ポレポレ東中野「おじさん天国」「南の島にダイオウイカを釣りにいく」終映間近にいく。ご来場の皆さん、ありがとうございました。
直井くんらと軽く飲んで、帰る。

初めてイカを釣ったのは、沼津の木負堤防というところです。ちっちゃいイカでしたが、ぴゅーぴゅー墨を吐きながらくねくね動く姿を見て、かわいいと思いました。体の色が様々に変化します。怒っている時は黒。触ると虹色に。死んだら白くなる。電気だよ。師匠が言いました。
イカは可愛い。食ってもうまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

久米水産

二日酔いでずっと寝てる。誰かにものすごく叱られる夢を見る。
ジョナサン、やり残したことを数える。
ポレポレ東中野、終映間近にいく。ビト君と久々に会う。

たまにビト君のライブにいく。歌ってる間の体のくねくねした動きが好きです。
「おじさん天国」の音楽もやってもらいました。いつも助けられてます。
帰り道に「久米水産社歌」口ずさんで欲しいです。

久米水産、それは三崎港にあるナイスな会社です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いまおかしんじ監督インタビュー、2連発。

アップされました。是非御拝読ください!

■CINEMA TOPICS ONLINE
■シネトレ

尚、本日11日は『おじさん天国』上映後に『南の島にダイオウイカを釣りにいく』が上映される日です。そちらの方も御期待ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

『おじさん天国』絶賛上映中!

Ojisantengoku_porepore1_2 脚本・守屋さん、そしていまおか監督の日記にもあるように、『おじさん天国』が先日土曜日より上映スタートしました!

いまおか監督、守屋さん、下元史朗さん、藍山みなみさん、吉岡睦雄さん、平沢里菜子さん、松原正隆さん、伊藤猛さん、佐々木ユメカさん、佐藤宏さんを迎えた舞台挨拶も敢行。満員御礼での初日となりました。

上映は22日まで、連日21:15〜となります。毎週月・水にはいまおか監督のセルフドッキュメンタリー『南の島にダイオウイカを釣りにいく』が、毎週末にはトークショーを予定しております。好評を頂いている缶バッジプレゼントも続行中です(予告編DVD-Rは品切れとなりました)

皆様のご来場、心よりお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつか王子駅で

納豆チャーハン食う。
ジョナサン、読書。堀江敏幸「いつか王子駅で」読了。向井くんに勧められた本だが、とても良い小説でした。「変わらないでいたことが結果としてえらく前向きだったと後から分かってくるような暮らしを送るのが難しいんでな」に涙。
ケンタッキー、チキンフィレサンド食う。昔からの好物。
ポレポレ東中野「おじさん天国」初日。皆さんありがとうございました。感謝です。
いろんな人と話する。朝まで飲んで大阪屋。歌舞伎町の朝が好き。

「おじさん天国」ささやかな映画です。怒らないで下さい。佐藤宏がイカにかぶりつくとこ何度観ても笑えます。これのために映画を撮ったと言っても過言ではありません。

今日もやってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見た後に笑顔になれる映画らしいです

みなさま、おはようございます。
「おじさん天国」脚本・守屋文雄でございます。
昨晩は、たくさんのお客さんと共に初日を迎えることが出来ました。
劇場を出てくる人たちの顔がみんな笑っていたよと、大目象一さんという嘘みたいな素敵な名前のキャメラマンの友達が教えてくれました。
どうもありがとうございます。
劇場まで足を運んでいただいたお客さん、久しぶりにお会いした「おじさん天国」オールスターズのキャストの方々、脚本を映画にしてくださったスタッフの方々、昨年の企画からこの公開まで「おじさん天国」にかかわってくださった方々。上映のあと、家に帰った方、仕事だった方、遅くまで飲んだ方、今も飲んでいる方。
すべての方に感謝いたします。
世界に感謝いたします。
「酒飲むために映画撮ってる」
いつかどこかで何回か聞いたかもしれない、日本か外国かどこかの映画監督か誰かの言葉を、長年「そんなわけねえじゃねぇか」と思ってきましたが、昨日、その気持ちが分かった気がいたします。
なんだか、千秋楽の挨拶のようになってしまいました。
「おじさん天国」は今日もやっております。
明日もやっております。
毎日やっております。
イベント盛りだくさんでやっております。
大目象一さん曰く、見た後に笑顔になれる映画らしいです。
未見の方、是非劇場までお越しください。
お待ちしています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年12月3日 - 2006年12月9日 | トップページ | 2006年12月17日 - 2006年12月23日 »