« 2006年3月26日 - 2006年4月1日 | トップページ | 2006年4月9日 - 2006年4月15日 »

2006年4月2日 - 2006年4月8日

2006年4月 8日 (土)

かっぱ

国映、ソデイカ見る。でかい。女優決まらん。
ロケハン。都内中心。場所は何となく決まる。
ジョナサン、考え事。一平からトラブル発生の電話。
こんなんでイン出来るのだろうか。
考えても仕方ない。佐藤と荻窪の「かっぱ」で焼き鳥。久しぶりに肉食う。
ヘロヘロで帰って寝る。

大阪ガンダーラ、行けそうもありません。
皆さん、すいません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

すいません

天気良い。うららか。監督協会、お仕事。根本監督とまったり。
とろろソバ食って、椅子に座り続ける。11日からインなのに、女優決まらん。ジリジリしつつぼんやりしてる。
印刷台本でけた。国映、鮭弁当食って、打ち合わせ。
ジョナサン考え事。何も浮かばん。
酒飲んで、寝る。

大阪ガンダーラ映画祭行けないかもしれません。すいません、しまださん。
ピンク大賞も撮影中。終われば駆けつけますが、行けないかもしれません。すいません、林田さん。
いろんな人に迷惑かけて生きてます。
すいません。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

第18回ピンク大賞

44427_74今年ももう4月。来週末の15日に、毎年恒例の第18回ピンク大賞が開催されます。前回は今度の特集上映でも上映される「たまもの」が作品賞(ベスト10・第1位)、監督賞(いまおかしんじ)、女優賞(林由美香)、新人女優賞(華沢レモン)を受賞したわけですが、何と今年もいまおか監督の「かえるのうた=援助交際物語 したがるオンナたち」が作品賞(ベスト10・第1位)と女優賞(向夏)、男優賞(吉岡睦雄)、新人女優賞(平沢里菜子)とまたしても4冠なんですね。

そして、昨年惜しくも急逝された女優・林由美香さんが長年授賞式のプレゼンターを努め、前回の同授賞式では12年ぶりの女優賞して感激していた事も皆さんの記憶に新しいかと思われます。スケジュール等は既に告知済みですが、同イベントを、そしてピンク映画自体を支えて来てくれた林由美香さんへのリスペクトを重んじたラインナップに変更になりました。ご確認ください。

22:30〜23:45 表彰式
※特別賞の林由美香さん表彰にあたり、特別映像を上映予定

0:00〜1:05 ミスピーチ 巨乳は桃の甘み+林由美香メモリアル・メイキング映像(監:吉行由実)
1:15〜2:20 援助交際物語 したがるオンナたち(監:いまおかしんじ)
2:30〜3:30 欲情ヒッチハイク 求めた人妻(監:竹洞哲也)
3:40〜4:45 わいせつステージ 何度もつっこんで(監:後藤大輔)
4:55〜5:55 人妻を濡らす蛇 SM至極編(監:池島ゆたか)
→|詳細はこちら

躍動する林由美香さんをもう一度、そしてもちろん「かえるのうた」他受賞作品を、新文芸坐の大スクリーンでご堪能ください。もちろん上記の個人賞受賞者はもちろん関係者が多数来場する年に一度のピンク映画総決算。皆様のご来場、心よりお待ちしております。(写真は前回の授賞式の林由美香さんです)

そしてその頃新作の撮影に突入しているベスト1監督・いまおか監督は果たして来場できるのか?そのへんもスリリングな感じで。ご期待ください。ぱぱんが、ぱん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

具体

雨の中ロケハン。三崎ウロウロ。
マグロ丼食う。
途中「サイゼリア」で作戦会議。女優まだ決まらん。どーする。
夜まであちこち見て帰る。
ジョナサン考え事。ようやく見えてきた。
ハイテンションで寝る。

抽象を具体へ。具体の連続がまた新たな抽象を生む。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

異色コラボで予告編。

060405_214501001_1本日は「R18 LOVE CINEMA SHOWCASE」の予告編の撮影でした。ディレクションはもちろん今までに「花井さちこの華麗な生涯」や「かえるのうた」など数々の傑作予告編(ていうかもう「短編作品」ね、あのへんは)などを手がけ、自身のドキュメンタリー映画「セキ☆ララ」も6/3〜シネマアートン下北沢で公開とあって現在ゼッコーチョーの松江哲明監督。そしてチラシのメインビジュアルにもなっている佐々木ユメカさんが出演、そして何とAV監督・カンパニー松尾さんが撮影(!)という異色コラボが実現。夜の新宿で撮影は始まりました。夜の街を颯爽と歩くユメカさんは「トーキョー×エロティカ」を思い出させ、何とも流麗な手さばきでカメラを手に人ごみをするするすり抜けていくカンパニー松尾さんがまたカッコ良かった。松尾さん、「いつもはAVだからビクビクしながら撮影してるけど、今日は堂々と撮れるなぁ」と汗かいてニコニコ。横で松江さんもユメカさんもニコニコ。皆さん楽しく撮影できたみたいで何よりでした。さてとどんな予告編になってるでしょうか。出来次第、WEB上にもアップします。どーぞお楽しみに。ぱぱんが、ぱん。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月 5日 (水)

注射

監督協会。蔵原監督とまったり。
病院。注射間違えて4回も打たれる。「大丈夫っすよ」と強がる。
「大橋そば」で納豆そば食う。
国映。うだうだ。
家で「家族ゲーム」見る。
寝る。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月 4日 (火)

決定稿

おかゆ食って、「ランザン」守屋打ち合わせ。「おじさん天国」ようやく決定稿へ。ほっ。向こうの席に瀬々さんと井土さんが居た。
国映行って、再び「ランザン」。一博さん打ち合わせ。向こうの席に、まだ瀬々さん達いる。びっくり。
家で、豚汁食って、寝る。

焦るな。落ち着け。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月 3日 (月)

真鶴

守屋連絡待ち。花見行けず、時間潰し。シネアートン下北沢で川島雄三監督「還って来た男」観る。なんてことないシーンにジーンと来てしまう。あれが“意図したモノを越えてしまった瞬間”だったのだろうか。デビュー作の魔法。わけ分からず夢中でやること。
「東京キッチン」で鮭と野菜定食。ジョナサンで考え事。
大船「パラダイス」で、ビト君ライブ。なんか良かった。ハコが小さかったからか、ビンビン来た。終電のがして朝まで飲み。
電車で居眠り。気がつくと目の前が海。真鶴でした。トホホ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

新人監督。

Inkou

ポレポレの特集上映の話題とはちと逸れますが、1つピンクな話題を。実は2005年のピンク映画は新人監督が対象無し!!!!!んがー!!!!!…という事態に陥ってたりしたんですが、本年度は無事、新東宝映画から監督がデビューしました。その名は田中康文監督。「裸の三姉妹 淫交」、3/31(金)〜4/10(月)新宿国際名画座にて公開中です。デビュー作ともあって、キャストも豪華!是非御チェックください。

さて、花見シーズンも佳境?週も明けて、ようやくピンクでポレポレなチラシが刷り上がります。皆様どうぞ宜しくです。ぱぱんが、ぱん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

地獄も極楽も

ジョナサン、考え事。スケジュール帳を新しくする。家で、カレイの煮付け食う。引きこもり。
DVDでロシア映画「父、帰る」見る。「北の国から」みたいになるかと思ったらならなかった。さすがロシアや。エロDVD見て、再ジョナサン。女のケツ見て悶々としてる。
納豆メシ食って、ビデオ三池崇史監督「フルメタル極道」見る。うじきつよしが、せっかくデカチンコになったのに、使えなかったのが可哀想。設定は面白かったけど、展開がありがちすぎて飽きた。
DVD川島雄三監督「幕末太陽伝」いつ見ても傑作!落語のネタがふんだんに盛り込まれていたことに気付く。「地獄も極楽もあるもんか!俺は、まだまだ生きるんだい!」
酒も飲まず寝る。

ジリジリしながら待っている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ピンクで、ポレポレ。

皆様はじめまして。「R18 LOVE CINEMA SHOWCASE」を企画しました、SPOTTED PRODUCTIONSの直井です。5月20日〜6月2日の2週間、昨年末からの連続レイトショー、「花井さちこの華麗な生涯」「ビタースイート」(共に女池充)、「かえるのうた」(いまおかしんじ)が好評を博したポレポレ東中野にて、改めてピンク映画の特集上映が開催されることになりました。第一弾となる今回は、先に挙げた作品を始め今や最も一般映画との境界線が薄くなった国映・新東宝作品から、2004-2005年にかけて発表された近年の代表作を厳選。2本立て、もちろん35mmフィルムで鑑賞できる貴重なチャンスです。この機会に1本でも多くの「体験」と「発見」をして頂けたら幸いです。

以下、上映ラインナップ及びスケジュールです。

5.20.(土)〜5.23.(火) 21:00〜
Aプログラム:恋する団地妻

「団地の奥さん、同窓会へ行く」
2004|監督:サトウトシキ|脚本:小林政広|出演:佐々木ユメカ,川瀬陽太,向井新悟,風間今日子 他

「草  叢」(成人館公開タイトル:不倫団地 悲しいイロやねん)
2005|監督:堀禎一|脚本:尾上史高|出演:速水今日子,吉岡睦雄,伊藤猛,森田りこ 他

----------------------------------------------------

5月24日(水)〜26日(金)21:00〜
Bプログラム:オタクとヒモの愛し方。

「悶絶!!電車男」(成人館公開タイトル:痴漢電車 挑発する淫ら尻)
2005|監督:友松直之|脚本:大河原ちさと|出演:北川明花,武田勝晴,北川絵美,華沢レモン 他
2005年度ピンク大賞ベスト10・第3位/映画秘宝誌上ベスト10・第1位

「ヒモのひろし」(成人館公開タイトル:SEXマシン 卑猥な季節)
2004|監督:田尻裕司|脚本:守屋文雄|出演:吉岡睦雄,平沢里菜子,藍山みなみ,佐野和宏 他
2004年度シナリオ大賞入選作品

------------------------------------------------------

5月27日(土)〜29日(月)21:00〜
Cプログラム:不器用で歪な、男と女。

「ふ・た・ま・た」(成人館公開タイトル:悶絶ふたまた 流れ出る愛液)
2005|監督:坂本礼|脚本:尾上史高|出演:夏目今日子,藍山みなみ,石川祐一,佐野和宏 他

「たまもの」(成人館公開タイトル:熟女・発情・タマしゃぶり)
2004年度ピンク大賞ベスト10・第1位,監督賞(いまおかしんじ),女優賞(林由美香),新人女優賞(華沢レモン)
2004|監督・脚本:いまおかしんじ|出演:林由美香、吉岡睦雄、華沢レモン,栗原良

----------------------------------------------

5月30日(火)〜6月2日(金)21:00〜
Dプログラム:強く生きる、ということ。

「痙攣」(成人館公開タイトル:淫らな唇  痙攣)
2004|監督:田尻裕司|脚本:芳田秀明|出演:佐々木ユメカ,真田幹也,北の国,堀正彦,大葉ふゆ
2004年度ピンク大賞ベスト10・第3位,女優賞(佐々木ユメカ)

「言い出しかねて」(成人館公開タイトル:わいせつステージ 何度もつっこんで)
2005|監督・脚本:後藤大輔|出演:向夏、小滝正太,川瀬陽太,望月梨央,森田りこ,狩野千秋
2005年度ピンク大賞ベスト10・第2位,女優賞(向夏)

【料金】当日一般(二本立て)1400円/女性割引:1200円/前売り券:1000円
*5/20、5/26、5/27、6/2は上映前に監督・キャストによる舞台挨拶有り。

そんなわけで、新作を鋭意製作中のいまおかしんじ監督の「いまおか日記」と並走しつつイベント情報などをお知らせしてゆきます。上映終了まで生暖かい目でお見守りください。

ぱぱんが、ぱん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公式ブログ・リニューアル!!

本日4月1日より、『R18 LOVE CINEMA SHOWCASE 2004-2005』公式ブログへとリニューアルいたしました。今後も旬な情報をおおくりしますので、ご愛顧の程をよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月26日 - 2006年4月1日 | トップページ | 2006年4月9日 - 2006年4月15日 »