« 頼りなき神々 | トップページ | 横浜 »

2006年11月 3日 (金)

大森一樹

柿生のコンビニでサンドイッチと野菜ジュースを買う。
映画学校、実習。偉そうに腕を組んで突っ立ってる。「違うんちゃうか!」と生徒たちを脅す。社長になった気分。
ウロウロ歩き回る。社長に向いてないと思う。
シネマアートン下北沢。時間潰しに「悲しき天使」大森一樹監督、観る。大森版「張り込み」。オンナたちの共闘に泣く。いいじゃん。
続いて、「怨念 黒髪の復讐」浜田弘典監督、観る。息苦しい90分。ホラーなのに暑苦しい。大阪芸大で何が起こってるのか。おもろい奴らが続々出てくる。
浜田くんらと「八剣伝」で飲み。大森一樹さんのボトルを勝手に空ける。映画観たからええか。
歩いて帰る。小説のアイデア浮かぶ。
寝る。

休むな。厄から逃げろ。

|

« 頼りなき神々 | トップページ | 横浜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150443/12535487

この記事へのトラックバック一覧です: 大森一樹:

« 頼りなき神々 | トップページ | 横浜 »