« 赤い判子 | トップページ | 貴女 »

2006年11月13日 (月)

オールザットジャズ

朝起きたら、チンコが腫れ上がっていて驚く。心配だが放っておく。
紀伊国屋で「書きあぐねている人のための小説入門」保坂和志、買う。
家、鮎の一夜干し食う。うまい。日持ちするなあ。
早稲田松竹で映画観る。「オールザットジャズ」ボブ・フォッシー監督、「シカゴ」ロブ・マーシャル監督。ミュージカルってもっと脳天気かと思ったがそうではなかった。血へど吐いて撮ってる。「オールザットジャズ」感銘受ける。

「かえるのうた」の踊りのシーンは、下北沢の駅前で座っている時に思いついた。ここにいる全員がいきなり踊り出したらアホみたいだなあと。お祭りだなあと。ワンカットでゲリラ撮影。ピンク映画はこれだ。想像してうっとりした。「オレ、天才や」と呟いた。

ジョナサン、保坂和志読む。原稿書けそうな気がしてきた。
酒飲んで寝る。

チンコがますます腫れて象の鼻のようだ。しばらく様子見。

|

« 赤い判子 | トップページ | 貴女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150443/12667512

この記事へのトラックバック一覧です: オールザットジャズ:

« 赤い判子 | トップページ | 貴女 »