« 蒼井優 | トップページ | 木村パン »

2006年2月16日 (木)

ゴダール

またも二日酔い。レジェンド江尻さん打ち合わせ。久しぶりの仕事でなんだかうれしい。うららかな午後、ベランダで考え事。朝生がバイクで事故る。俺の厄年の影響か。ビビった。捻挫だけですんだらしくホッとする。ジョナサンで川田さんお話し。監督協会でて、「まるしん」でつけ麺。茹で野菜がグー。大人しく帰る。保坂和志読みつつ寝る。

『彼女について私が知っている2,3の事柄』の撮影で主演の女優から演技プランについて訊かれてゴダールは、「あなたはいまパリから10キロのところに住んでいる。私があなたにしてほしいのは、家から現場まで毎日ずっと歩いてきてくれることだ。それだけなんだ」と答えたと、『映画史』の中で語っている。
ロバート・デ・ニーロは古典的な俳優で、自分の役を(ひとに導かれながら)稽古して、そのうえで演じるという方法をとるのだが、ゴダールはそうではなくて、映画の舞台であり題材であり主題でもあったパリについて考えるように、俳優にただ歩いてくることだけを要求した。

なるほど。勉強になる。

|

« 蒼井優 | トップページ | 木村パン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150443/8684079

この記事へのトラックバック一覧です: ゴダール:

» ゴダールのネタ [ネタ蔵]
ゴダールのネタを追いかけるヨ! [続きを読む]

受信: 2006年2月16日 (木) 09時37分

« 蒼井優 | トップページ | 木村パン »