« 2005年12月11日 - 2005年12月17日 | トップページ | 2005年12月25日 - 2005年12月31日 »

2005年12月18日 - 2005年12月24日

2005年12月23日 (金)

楽日

ついに「ビタースイート」、上映最終日です。
「花井さちこ」から始まったこの4週間、関係者のみなさん、見に来て下さった方々、見に来れなかった方々も、どうもありがとうございました。
自分たちが作った映画が、このような形で上映してもらえ、しかも多くの方々の目に触れることができたこと、これからの映画作りにきっと生かします。
今日は上映後、その昔ピンク七福神と呼ばれた男たちが揃い踏みします。
ボクの記憶では、七人が揃って壇上に上がるのはこれが初めてではないかと…。
しかもこれが最後。
だからって何だって感じですが、たくさんの方のご来場、お待ちしてます。

「花井さちこ」と「ビタースイート」、このあとは大阪は第七藝術劇場にて、1月7日から上映されます。
瀬々さんの「肌の隙間」、いまおかさんの「たまもの」、田尻さんの「孕み」もやります。
さらに2月、札幌は蠍座にて上映します。
そのあとは名古屋でも上映予定です。
さらにそのあとはシンガポールにて、「花井さちこ」上映されます。
今後ともこの二作、よろしくお願いします。

成沢昌茂のデビュー作「裸体」がラピュタ阿佐ヶ谷で上映されるそう。
1月11〜17日です。

ボクが福岡さんにインタビューしました「愛してよ」の記事、監督協会のサイトにアップされました。
読んでみてください。
http://www.dgj.or.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月22日 (木)

最終日12/23『かえるのうた』主演女優二人が来場!

さて、残すところ今日も入れてあと二日。

そして最終日の明日、トークゲストに七福神たちに加えて、
新春1月14日公開のいまおかしんじ監督作品『かえるのうた』の
主演女優である向夏さん、平沢里菜子さんが
劇場に来てくれることが決定!!

既に劇場では彼女たちのキュートなダンスが見られる
予告編が『ビタースイート』の前にかかっています。

001s

まだ観ていないという方は、映画館に急いで下さい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月21日 (水)

毎日インタラクティブに掲載されました!

さて、残すところ後3日。

劇場で観ていただいた、毎日新聞の記者の方が「ビタースイート」の紹介記事を書いて下さいました。

http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/cinema/

まだ観ていないという方、お急ぎ下さい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月20日 (火)

監督主演

「ビタースイート」、今日のゲストトークは佐野和宏さんと福島拓哉さん。
お二人は監督さんですが役者さんでもあります。
残念ながら石川KINさんはお仕事の都合で来られなくなってしまったのですが、今回のこの映画、男性の出演陣は皆、本業は監督。
映画はシナリオとキャスティングだ、なんてことをよく耳にしますが、今回の映画はまさにその典型。
今日は火曜日、たいていの美容院はお休みな日なはず。
たくさんの美容師さんたちのご来場、心よりお待ちしてます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月19日 (月)

人間は、一人のこらず、その中心に火を持っている。

とは、ある評論の中での増村保造の弁です。

さて、「ビタースイート」の上映も残すところ今日を入れて5日。
のんびり構えてはいられません。
フッッーン!!!!!!
と踏ん張らねばならないのはやまやまなんですが、緊張感のない性格が災いして、のんびりとてんやわんや。
アワワ…
という訳で、以下、増村保造の弁です。

性格というものは、千差万別、極めて特殊なもので、万人に共通せず、万人に意味と価値を与えるものではない。
万人に共通し、意味のあるものは、その性格の中にひそむ火である。この火が、性格の鋳型を通りぬけながら、なお、火として、鮮烈に火花と閃光を散らし、もしくは、なまなましく、あたたかく流動する瞬間だけが、万人に理解され、万人に感動を与え得るものなのである。したがって、ある人物を描くということは、その人物の中にある火を描くことなのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月11日 - 2005年12月17日 | トップページ | 2005年12月25日 - 2005年12月31日 »