« 中野貴雄ナイト タイムテーブル | トップページ | 映画サイトで監督インタビューが掲載されてます »

2005年11月25日 (金)

愛してよ

昨日の昼、ブログに書き込もうと文章書いたんですが、メンテナンス中で書き込めませんでした。

夕方、新橋で行われた福岡監督の「愛してよ」の特別試写に行ってきました。
先日行った日本映画監督協会のウェブ用インタビューの中で、そこでの様子も載せたくてビデオカメラ持参で行ったらプレス扱いしていただいて、最前列で舞台挨拶の模様を撮影。
福岡監督、西田尚美さん、塩顕治くん、野村祐人さん、石井プロデューサーが登壇。司会は襟川クロさんでした。
久しぶりに西田さんに会ってどう? と聞かれた塩くんが、言っていいの? と戸惑いながらもしっかりと、西田さんが結婚したことと答えたのが微笑ましかったです。

スクリーンもでっかかったし、折角なんで三回目になる「愛してよ」鑑賞。
そのあとは打ち上げに参加。
「愛してよ」をまた見て、公開に向けての福岡さんの近くにいさしてもらって、すごく感じるところが多いんですが、それが上手く言葉に出来なくて、モヤモヤとすごくもどかしい。
自分が感じたことをちゃんと言葉にしていかないと。
それが、面白い映画、というか強い映画を作ることにもつながると思うし。


以下は昨日書き込もうと思って書き込めなかった文章です。


一昨日昨日

イベントチラシがやっと出来上がりました。
いろんなところに撒いてます。
いろんな方の目に留まることを祈るばかりです。

ボクはお酒がほとんど飲めず、滅多に酔っぱらうことがありません。
たいてい寝ちゃうか具合悪くなるか。
それなのに、ボクがお酒を飲んで気持ちよく酔える場所が、東京に一軒だけあるんです。
「花井さちこ」でゼウスエクスマキーナとかブッシュの指を作ってくれたMさん行きつけのお店で下北沢にあるんですけど、一昨日、Mさんと一緒に行って、やっぱり酩酊。
ホントに楽しいお酒で、帰り道、二回ぐらい生け垣に突進したり。

そこでの会話の中で、ゼウスエクスマキーナをオーバーホールしてもらって期間中劇場に飾りましょうという話になり、昨日の夕方、Mさんが住む中野島まで。
登戸から南武線で一駅。
駅を降りるとすっかり時間の流れ方が違って、薄暮の中をトボトボ。
ちっちゃな虫がいっぱい飛んでたりして、ボクは小学生の頃、埼玉県の草加市というところに住んでいたんですが、その頃の夕方の感じを思い出して。
コウモリも飛んでたらいいのにって思ったんですが、季節じゃないのかな…?

そのあと、渋谷に行って「花井さちこ」でエンドクレジットとかエピローグのCG映像を作ってくれたSさんと飲み。
久々の再会。
彼はまだ24歳なんですけど、あまり年齢の差を感じなくて、36歳のボクはそのことは深く考えずにだべり…。
普段の彼はPV(プロモーションビデオ)を作っている監督さんなので、ボクはPF(ピンクフィルム)だからPが一緒だ!

それから田尻さんの「孕み 白い恐怖」を見に渋谷ラセットへ。
前田亜希さんと矢口壹琅さん(プロレスラー)が主演なんですが、この二人に存在感があるから、これまでの田尻映画とは違って見ていて凄く安定感がありました。
ボクはそんなにビデオ撮りの映画って見てないんですが、ビデオ撮りってことでテンションが落ちてしまう映画って見ていて多いんですけど、「孕み」は開巻直ぐ、これは映画だ、って感じれたことが素直に嬉しかったんです。
なんか映画見に行きたいなあって思ってる人は見に行ってみるといいかも。
ま、いろいろ思うところはあるかもしれませんが…
上映後、矢口さん、田尻さん、評論家の塩田時敏さんと一緒にトーク。
三人のお話にちょこっと絡ませてもらい、最後にちゃっかり自作の宣伝を。

それから新宿に戻って田尻さんと反省会。

「花井さちこ」の脚本を書いてもらった中野さんが花井さちこのその後の短編を作ってくれていたんですが、それが出来上がったそうです。
「花井さちこの冒険 ICBM(大陸間弾道娘)の巻」。
スチールをちょっと見たんですが、すごくいい感じだー!

|

« 中野貴雄ナイト タイムテーブル | トップページ | 映画サイトで監督インタビューが掲載されてます »

コメント

先日は『孕み-HARAMI-白い恐怖』トークショーへのご来場、
本当にどうもありがとうございました!
お蔭様でとても充実したイベントとなりました。
(私どものボロボロの司会進行を除けばです…
 申し訳ございませんでした!)
本作「孕み」のブログでも少し
女池監督ご来場の模様と
作品紹介をさせていただきました。
TBさせていただいたので、
よろしければご確認くださいませ。

投稿: 「孕み-HARAMI-白い恐怖」宣伝隊 C | 2005年11月26日 (土) 05時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150443/7309658

この記事へのトラックバック一覧です: 愛してよ:

» ここで、女池充監督の宣伝タイムです。 [『孕み-HARAMI-白い恐怖』宣伝日誌]
トークショーに急遽飛び入りした女池充さんは ピンク映画界で活躍する映画監督で、 田尻監督とずっと肩を並べてきた“戦友”です。 今回は『孕み-HARAMI-白い恐怖』をスクリーンで観た 第一感想を、田尻監督に直接ご報告いただいたあと 公開を控えた女池監督作品につ....... [続きを読む]

受信: 2005年11月26日 (土) 05時22分

» 豪華4ショットが実現した第1回トークショー [『孕み-HARAMI-白い恐怖』宣伝日誌]
昨日(11月23日)は本編上映後、 記念すべき1回目のトークショーが行われました。 田尻裕司監督、 坂田役の矢口壹琅さんに加え、 映画評論家の塩田時敏さんが来場。 そして、会場にお越しいただいていた 映画監督・女池充さんにも 急きょ加わっていただき、 トー....... [続きを読む]

受信: 2005年11月26日 (土) 05時23分

« 中野貴雄ナイト タイムテーブル | トップページ | 映画サイトで監督インタビューが掲載されてます »