« おいしいカレーとか、ラム肉のたたきとか… | トップページ | 諸行でムーチョ »

2005年11月10日 (木)

make me more real

昨日のブログの文章、それを書き込んで直ぐ、昨日からクランクインした高原(秀和)さんの現場にエキストラに行きました。
雀荘の客。
牌に触れたのなんていつぶりだろ。
高校生か…。
小学生の頃はこたつのテーブルを裏返しして親父と麻雀してたような…。
でも、ぽんじゃんを買ってからは麻雀はしなくなってしまいました。
高原さんの作品は12月頭から新宿国際などで上映されるそうです。
公開題は知らないんですが、シナリオタイトルは「せつなのせつな」。

んで、夜は新宿ゴールデン街。
12月17日から渋谷のイメージフォーラムにて公開される「愛してよ」を監督された福岡(芳穂)さんとの合同行脚。
7軒まわったのかな…。
昨日は酉の市だった所為かどこのお店も結構込んでいたので、7軒全部に腰を落ち着けられた訳ではなかったんですが、飲み、チラシを置き、飲み、ポスターを貼り、飲み飲み…
てな感じで、おかげさまでありがとうございました。

友達が少なかったり恋愛経験が皆無だったりするボクですが、恩人とかお世話になった人ならたくさんいるんです!
福岡さんも、ボクに取ってのそんな方のひとり。
ボクがピンク映画の監督デビューするきっかけを作ってくれたのは、福岡さんのひとことからだったんです。
97年かな…、福岡さんが久しぶりに撮ったピンク映画「イカせたい女」の助監督をボクはしたのですが、映画が出来上がって、福岡さんが国映のおねえさん(注:プロデューサーなんです)に「女池に撮らせてやってください」と言ってくれたことが、その一言があったからボクはピンク映画を撮ることができたんです。

今回のオールナイトイベントで上映する「ぶ〜やん」という作品。
これを撮る前年、ボクは京都に一ヶ月半ぐらいいました。
それは、福岡さんが「RED SHADOW/赤影」のメイキング撮影という仕事を振ってくれたからなんですが、京都の一ヶ月半はとっても楽しかったんです。
いろんな人に出会えたし、京都で感じたことが「ぶ〜やん」という映画を生み出す後押しをしてくれたし、あんまりにも京都が気に入ってしまって、京都でピンク映画上映したいってことで P-1 Delax っていうイベントをみなみ会館でやっちゃったり…。
「花井さちこ」で音楽とアニメーションをやってくれたタロー(岸岡太郎)と出会ったのも京都だったし、京都にはかなり影響されてるんです。

縁というかなんなのか、福岡さんはボクに取って、要所要所を締めてくれる方なんです。

監督協会のホームページで「愛してよ」についてのインタビューをボクが福岡さんにすることになりました。
12月中旬にはアップされると思いますので、アップされたら告知します。
読んでください。
それで見に行ってください、「愛してよ」。

|

« おいしいカレーとか、ラム肉のたたきとか… | トップページ | 諸行でムーチョ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150443/7013498

この記事へのトラックバック一覧です: make me more real:

» ピンク映画の公式ブログ [ひとり宣伝会議]
つい先週になるが、お仕事として社内のデザイナーとピンク映画の公式ブログをつくりました。それがこちら。→『花井さちこの華麗なる生涯公式ブログ』 現在は、ピンク映画七福神と呼ばれた若手映画監督の一人、女池充監督の作品のブログですが、今後はピンク映画の現在の作家た... [続きを読む]

受信: 2005年11月11日 (金) 09時15分

« おいしいカレーとか、ラム肉のたたきとか… | トップページ | 諸行でムーチョ »